ロゴ

経営理念トップイメージ

TOYOにとって経営理念とは?

業務遂行における、価値基準や判断基準と言われており、我々が何の為に、この会社に集まっているのか、TOYOが何の為に存在しているのか、何をするべきなのかを、明文化したものです。

今後TOYOが業績を上げ続けていく為に、必要なものを考えた時、それは「人」だという結論に辿り着きました。
お客様満足度を高める事よりも、先に従業員満足度を高めていくべきだと考えられたのです。

TOYOの経営理念は、少しでも「現場で働くスタッフの声を尊重したい」という考えのもと、役職者が集まり、社長と共に「Toyo Advanced Project(TAP)」の最初の活動として作成されました。


そして「TAP」の活動は今でも、経営理念の中にある考えを中心に、続いています。

経営理念

経営理念における、MISSIONとは?

企業としての存在意義であり、また個人が担うべき使命であり、達成すべき状態を表します。

MISSIONは、企業をどういった方向にもっていきたいのか、という想いを、全社員に知らせる為のものです。

わが社の掲げるMISSIONにある、<TOYO>を全員の共通意識とすることが、 「更なる飛躍に繋がる」という、想いが込められています。

MISSION

経営理念における、VISIONとは?

企業における、将来あるべき姿を表します。
経営姿勢のもとに、自社の目指す将来の姿を、社員、お客様、そして、社会に対して表したものです。

東洋商事に関わる、全ての方々へ表す感謝と、全社員、全スタッフ一人一人が与えられる感動を掛け合わせる事で、社員の幸せ、お客様の幸せ、社員の家族の幸せを、いつまでも継続させていきたいという願いが込められています。

VISION

経営理念における、VALUEとは?

企業が社会において、提供したいと考える価値を表します。

それぞれの個性を活かしつつ、仕事をする上で、社員全員が大切にする行動基準であり、私達全員が守らなければならない原則です。

わが社が掲げるVALUEは、決して難しいものではありませんが、だからこそ我々は常に、以下の「7つの信念」に基づく行動を実践しなければなりません。

VALUE
ページのトップへ戻る